形成外科と整形外科って何が違うのか

外科の中にも色々な科があります。
中でも最も区別が付きにくいのが、「整形外科」と「形成外科」でしょう。
ぼんやりとたいていの人が認識しているのは骨折などの治療を行う外科と顔や体の造形を作り替える外科、いわゆる「美容整形」を行うものとの違いがあるのではないかという程度の場合が多い傾向にあります。
形成の外科が行う治療内容は、主にケガや火傷などの症状の治療や皮膚に出来た腫瘍や皮下の腫瘍などの摘出、また先天的な生まれつきの異常によるものへの治療を行います。
反対に整形外科の場合には、骨や関節などの疾患や靱帯などを痛めた場合の治療、神経などによる疾患などを主に治療します。
ただし、指の切断や先天性の奇形などの場合には、形成と整形どちらの外科でも行なうことが出来る場合が有ります。
これはそれぞれの医院によって様々ですので、あらかじめ電話などで確認しておく方が良いでしょう。
また、上記でも取り上げた美容整形は、整形外科ではなく形成外科の方に分類されます。
その場合は、いずれの医院であっても保険外の治療となります。